千年後も変わらない里山のある暮らし。持続可能な未来を考える

木工旋盤で木のうつわ作り体験

【木工旋盤を使ったアベマキのうつわ作りワークショップが開催されます】

今年5月、美濃加茂市伊深町にある築100年を超えた古民家・旧櫻井邸が、地域材活用拠点「IBUCAL(イブカル)」としてオープンしました。
IBUCALでは、地域の木材を使ってものづくりをすることを通して、地域資源の活用の促進や、地域資源の価値を見出すきっかけづくりに取り組んでいます。
そんなIBUCALで、今回、木工旋盤を使ったアベマキのうつわ作りワークショップが開催されます。

アベマキは、美濃加茂市の里山にたくさん自生している木です。大切な地域資源であるアベマキを、木工旋盤を使いシュルシュルと削って小皿を作りましょう!
スタッフが丁寧に削り方をお教えするので、初めての方でもきれいな小皿を作ることができますよ。

日 時:2024年7月27日(土) 
① 13:30~14:30 ②14:30~15:30
会 場:IBUCAL(岐阜県美濃加茂市伊深町592)
対 象:小学4年生以上(※小学生は保護者同伴)
参加費:4,000円(アベマキコーヒー、スイーツ付き)
定 員:各回4名(事前予約制)
持ち物:なし
注 意:※汚れても大丈夫な服装でお越しください。
    ※車でお越しの際は道の向かい側にある駐車場をご利用ください。

【申込】
お申込みフォームから事前にご予約ください。
申込フォーム:https://coubic.com/tsubakilab/3011167

【小皿のサイズ】
直径 約12cm
高さ 約1.8cm
※アベマキの特性上、完成した小皿に小さな穴がある場合があります。ご了承ください。

【問い合わせ先】
合同会社ツバキラボ
Mail:hello@tsubakilab.jp
Tel:058-237-3911(定休日:月曜日、第3日曜日)

Posted: 2024.07.11

pagetopTOP