SATOYAMA SCHULE さとやまシューレ

千年後も変わらない里山のある暮らし。持続可能な未来を考える
千年後も変わらない里山のある暮らし。持続可能な未来を考える
COLUMN
料理家・minokamo の里山ごはんコラム

里山と食のことを教えてくれた、祖母の家から。
minokamo秋ごはん「台湾風栗おこわ」

COLUMN
料理家・minokamo の里山ごはんコラム

秋の実り、栗おこわから学ぶ
暮らしと知恵「伊深ごはん研究会」

COLUMN
東白川村の風土を伝える「茶」の若き担い手・茶師の田口雅士さん

東白川村のお茶を「まもりたてる」
若き茶師の五感

COLUMN
林業と神職の若き担い手・稲垣靖さん

「しずかに、ていねいに」

「さとやまシューレ」は、岐阜県美濃加茂市と加茂郡を拠点に、植物や生き物、自然の恵みを利用した持続可能な暮らしを考える、市民のための学びの場です。ローカルウェブメディアとして、地域の里山に関わる情報や読み物を発信するとともに、年数回開催される講座では、参加者と一緒に、学び、発見しながらこれからの「里山まちづくり」を考えます。

classes 里山に学ぶ

2021年4月以降に開講予定です

column 里山のある暮らし

news 里山の情報をお知らせ

introduction

岐阜県美濃加茂市と加茂郡の町が連携し、
自然資源の宝庫である里山と里山のある暮らしの可能性を
発展させるための新しい構想です。
美濃加茂市と加茂郡の地域間はもちろん、
地域の民間団体や個人と連携して
里山保全活動や啓蒙活動、人材育成事業を展開しています。

pagetopTOP